イメージ画像

最新情報

2017年1月18日自動車保険の選び方
自動車保険の選び方
2012年10月25日自動車保険の基本
台風や大雨の水没や地震などの天災の被害は車両保険は下りるのか?
2012年10月23日自動車保険の料金
車の保険料はどうやって決まるの?
2012年10月22日車両保険
車両保険の料金は保険会社によって違うの?
2012年10月20日自動車保険の選び方
自動車保険は金額よりも代理店が大事!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

車両保険の料金は保険会社によって違うの?

車両保険と一言で言っても会社によってそれぞれで金額が違っているものです。

車によって一律で車両保険が決まっているというわけではなくて、会社によって料率の算出の方法というものが違っています。


ただ車両保険というのは安ければよいというものではなく、車両保険の内容にどれだけのサービスはあるのかということを重視しなければなりません。


車両保険の金額が安ければ当然保証される金額も安くなってしまいますので、高級車に乗っていたりする人の場合には万が一事故などが起きてしまい損傷が大きくなってしまうと、車両保険だけでは保証しきれなくなってしまうこともあります。


また反対に金額の高い車両保険を組んでいて、軽などに乗っている場合には新しい車を買い換えてしまうことができるほど保険料で保証してもらうことができるような場合もあります。


ケースバイケースになってくると思いますが、自分が乗っている車に対してベストな車両保険を選ぶことが大切になりますので、たくさんの保険会社から一括で見積もりを取れるサイトを利用して、それぞれの会社の車両保険の金額を詳しく知ってみると良いと思います。

一度一括で見積もりをとって見ると、こんなにもそれぞれの会社で違いがあるということがわかると思いますし、自分にはどのような保険がベストなのかということもすぐにわかると思います。

車両保険を契約しておかなければ万が一の時には本当に困ることになりますので、真剣に車両保険を選び、契約をするようにしましょう。

タグ

2012年10月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:車両保険

自動車保険は金額よりも代理店が大事!

家計を圧迫してしまいがちな自動車保険ですが、できるだけリーズナブルな自動車保険を契約しようと思って探してる人も多いと思います。

確かに自動車保険というのはしっかりとした補償内容を受けようと思えば思うほど保険料が高くなってしまうものなので、少しでも安い自動車保険を契約したいと思うのは当然だと思います。


しかし自動車保険というのは金額で選ぶよりも代理店で選んだ方が良いと思います。

これはどうしてかというと例えば事故が起きてしまった時や、どこか外出先で車が故障してしまったときに、代理店に電話することになりますが、専門スタッフが駆けつけてきてくれます。


しかし代理店の数が少ないとすぐに駆けつけてくれるということはなく、長時間待たされてしまったり、歩いて帰らなければならなかったりするようなことがあります。

代理店が多ければその分安心することができますし、困った時にも助かる事が多いと思います。


また実際に代理店がたくさんあることによって、スタッフの教育などもしっかりとしていると思いますから、不快に感じてしまうような事も少ないと思います。

金額が安いということも、もちろん大切だと思いますが、代理店の質や数も重要なポイントになってくると思います。


自動車保険を選ぶときには料金だけではなくて、このように代理店のことも頭に入れた上で選ぶことがお勧めです。

できるだけ代理店がたくさんあって良心的なスタッフが働いてくれている自動車保険であれば何かが起きてしまった時でも本当に安心して依頼することができますし、とても頼りになってくれると思います。

タグ

車両保険は免責金額の設定で安くなる!

車両保険というのはとても高いというイメージがあるので、なるべくつけたくないと思っている人もいると思います。

しかし車両保険というのは実際の免責金額によって保険料が違ってくるのです。

万が一の事が起きてしまった時に車を買い替えることができるほど免責が下りるような車両保険というのは確かに保険料金も高くなってしまいますが、一部免責の場合であれば、そんなに高い保険料を支払わなくても良いケースがあります。


乗っている車によっても変わってくると思いますが、とても高級で、自分が大切にしているという車であれば全額負担の免責を選んでみた方が良いと思いますが、中古で買ってきた古い車などの場合には一部免責にしたにしておいた方が良いのではないでしょうか。


古い車の場合には、万が一の事があったときでも車の査定金額等も低くなってしまいますから、新しい車を買い換えたりするほど免責が降りてこないという場合があります。

そうなってしまうと高い保険料を支払っていてもムダになってしまいますから、一部免責で十分だと思います。

車両保険というのはこのように全額負担ではなくて1部負担の免責の設定をしたりすることができると思いますから、様々な車両保険を比較してみると良いと思います。

免責の金額によって保険料が違ってくるということを知らない人もいると思いますが、こういったことを覚えておいた方が車両保険を契約する時には助かるのではないでしょうか。

車両保険はできるだけ契約しておいた方が良いと思いますから、免責の範囲はしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

タグ

2012年10月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:車両保険

このページの先頭へ

̗wȗ