自動車保険の等級の仕組み

自動車保険には必ず等級というものがあります。 この等級というのは、どの自動車保険でも基本的に一律となっています。


自動車保険に加入した時には6等級から始まることがほとんどになっていて、その後保険を使わずにいることによって1年に一度等級が上がります。


等級は最高で20等級まであるので、保険を使わずに安全な運転を心がけていれば20等級になることができます。


そして、等級によって保険料の割引率なども違ってくるので、できるだけ高い等級で維持したいと思いますよね。 また最近ではこの等級について、万が一保険を使ったときでも等級が一つしか下がらないというようなものがあります。

 


  こういった保障内容というのは保険会社によって変わっているのですが、保険会社によってそれぞれで設定することができます。 万が一事故を起こしてしまったりして保険を一度使ってしまうと3等級下がってしまうことになりますが、こうしたサービスを利用しておくことによって、等級を一つしか下がらないように守ることができます。


  また保険というのは最近、等級プロテクト特約というものが出てきていて、1年間のうちの一度の事故に対しては等級が下がらないというようなものがあります。


プロテクト等級に関しては保険会社によって内容が違っていますから、かならず確認するようにしましょう。


自動車保険に加入する際にしっかりと等級に関して詳しい知識を持っていないと、実際に事故が起きてしまった場合などに困ることになってしまいます。 自分の等級がどこにあるのかということなども常に把握しておくと良いです。

自動車保険の基本カテゴリの最新記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ