年齢による割引制度の詳細

自動車保険を契約する時にドライバーの年齢によって割引を受けることができます

最も割引率が高いと言われている年代は30代から40代となっています。


この年代と言うのは免許を取得してから運転している実績もあり、安全運転をしている人であればゴールド免許を持っていて、さらに事故を起こしてしまう可能性が低いから、最大で10%から15%の保険料の割引を受けることができると思います。

この次に割引率の高い年齢というのが40代から50代になります。


安定した運転を心がけることができるような年代です。
最大で10%程度の割引率を受けることができます。



また反対に50歳や60歳以上のドライバーや、免許を取ったばかりの10代20代のドライバーの場合には事故を起こしてしまう可能性が高いとみなされるので割り引がなく、保険料が高くなってしまうということがあります



ですから若いうちに自動車保険に加入すると保険料が高いのでとても困るという人がいると思いますが、若いうちにしっかりと自動車保険に加入して事故を起こさないでいれば、どんどん等級が上がっていきますので30代40代になる頃には保険料そのものが安くなっています


更に割引率が適用されますから、本当にリーズナブルな金額で自動車保険を契約しておくことができるようになります。

年齢による割り引きというのは会社によって違っていますから、できるだけたくさんの割り引かなが適応されているような保険会社を選ぶと良いと思います。

家族で保険を契約する時などにも年齢による割引を受けることができれば保険料を安く抑えることができます。

自動車保険の基本カテゴリの最新記事

自動車保険を安くする方法カテゴリの最新記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ