通販型と代理店型の比較

自動車保険は通販型と代理店型があります。


この2つを比較してみると、どちらが良いのかというのは人によって様々だと思います。
基本的に通販型というのは会社側のスタッフと直接顔を合わせることがなくて契約を行ってきます。

また、万が一事故などが起きてしまった場合にも直接ではなくてインターネットを通じてのやり取りや、電話でのやり取りになると思います。

代理店型の場合であれば、万が一事故が起きてしまった場合などにはすぐに自宅に会社の保険が来てくれますので、細かな情報などを話すことができますし、伝えた情報が間違ってしまうということもありません


どちらの会社にしてもロードサービスなどというのはそれぞれの会社で提携しているロードサービスのスタッフが行っていますので、この部分に関しては違いがないと思います。

また、通販型の自動車保険の場合にも比較的金額もリーズナブルだと思います。


こいした部分に関してはやはり人件費を削っているために保険料が安くなるというメリットがあります。

ですから自動車保険を選ぶ際には、本当に保険料が安くなればそれでいいと思い選んでいくのか、それとも万が一の事が起きてしまった時に親身になって対応してくれることを選ぶのかによって、契約する保険が違ってくると思います。

最近では通販型の自動車保険でも評判の良い会社などが出てきていますから、そういったところを選ぶようにすれば失敗しないのかもしれませんね。


しかし心配症な人であれば、やはり直接顔を見ながら契約をしたり何か気になったことがあればすぐに問い合わせができるような代理店型の保険が良いのかもしれません。

自動車保険の選び方カテゴリの最新記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ