自動車保険で必要な特約と要らない特約

自動車保険は基本的な補償内容の他に様々な特約があります。

こういった特約というのは自分で選んでセットすることができますが、もともとセットされている自動車保険があります。


特約がセットになっていて、助かるという人もいると思いますが、必要のない特約があり、その分保険料が高いのはもったいないと感じている人もいると思います。


自分にとって本当に必要な特約であれば、つけておいて良いと思いますが、必要のない特約の場合には保険料をムダに払うことになりますのでそういった特約のない自動車保険を選んだ方が良いと思います。

 


どのように車に乗っているかによって必要な特約と、必要ではない特約が違ってくると思います。


例えば、自分だけしか車に乗らないのに他者運転特約やファミリー特約など必要ありませんよね。


また反対に必要な特約としては車に乗せている携行品などが損傷してしまったり、盗難されてしまった時にしっかりと補償してくれるような身の回り品特約などというのはとても重宝してくれると思います。

 


それから万が一事故などが起きてしまった場合に弁護士に相談をするといった場合は、弁護士費用が必要になるので弁護士費用を負担してくれるような特約も必要だと思います。


このように必要な特約と必要ではない特約を自分でしっかりと見極めていくことが大切です。


そうすることによって保険料をできるだけ安く済ませることができますから、特約というのは付いていれば良いというわけではなく、しっかりと選べるような自動車保険の会社を見つけることが大切だと思います。

タグ

ゴールド免許だと自動車保険はいくら安くなる?

保険会社によっては運転免許証の色で保険料金が決まっているということがあります。

ゴールド免許であればその分保険料が安くなるという仕組みになっているのですが、ゴールド免許だからといって、通常の保険料の半額以下になるというようなことはありません。

ゴールド免許を持ってる人はどのくらい保険料が安くなるかというと、保険会社によって違っていると思いますが、平均して5%から15%となっています

年間で10万円支払っているなら5,000円~15,000円も安くなるってことです!

これだけの割引率が適用されれば保険料金はとても安くなると思いますのでゴールド免許を持ってる人は特に自動車保険を節約することができます

保険料金を浮かせることができれば他のことに使うということもできますし、自動車保険に他の特約を付帯させることもできると思います。

しかし、ゴールド免許の人が保険料が安くなるということは、そういった会社の場合、ゴールド免許でない場合には保険料金が割高になってしまうというデメリットがあります。


ですからゴールド免許を持っていない人の場合には免許の色で保険料が決まるというシステムではなく、免許の色にかかわらず保険料を決めているような会社を利用すると良いと思います。

ゴールド免許というのは運転に対してしっかりとした信頼があるので事故を起こしてしまう確率も少ないですし、
その分保険料も安くなっているということになります。ただ、万が一事故を起こしてしまえば免許の色は関係なく等級は下がってしまうことになりますので注意するようにしましょう。

ゴールド免許を持ってる人はできるだけ割引率の高い自動車保険の会社を選ぶようにすることで負担を少なくすることができます。

 

タグ

自動車保険って年齢条件で値段が違う?.

自動車保険というのは年齢によって保険料が違っていることがあります。


これはどうしてなのかというと、安定した運転を心がけることが出来るような年代は事故を起こしてしまう確率が低くなっているので、これまでにある自動車事故統計の元に保険料の割引率が多くなっています。

反対に若いうちに運転をするようになると事故を起こしてしまう可能性が高くなってしまうことがあるので、保険料が高くなってしまいます

また高齢者の場合にも集中力などがなくなりますし、瞬発力がなくなりますのでその分事故を起こしてしまう確率が上がり、保険料が高くなってしまいます。


このような年齢による保険料に関しては保険会社によってそれぞれで金額が設定されているのですが、例えば家族で保険を契約する際には、できるだけそれぞれの年齢で割引を受けることができた方が良いと思います。

1人だけ年齢による割引を受けることができても他の人が割引を受けることができずに保険料が高くなってしまうような保険会社ではトータル的な保険料が大きくなってしまうと思いますので、トータルで安く保険料を決めることができるような会社を見つけましょう。



保険会社を決める際に一つ一つの保険会社を見ていくというのはとても大変なことだと思いますが、最近はインターネットで簡単にたくさんの保険会社比較することができたり、そのまま一括で見積もりを申し込みしたりすることができるようなサイトがありますので、きちんと情報提供されている会社を利用すればトータル的な保険料を家族皆の年齢で計算することができると思います。

 

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ