年齢による割引制度の詳細

自動車保険を契約する時にドライバーの年齢によって割引を受けることができます

最も割引率が高いと言われている年代は30代から40代となっています。


この年代と言うのは免許を取得してから運転している実績もあり、安全運転をしている人であればゴールド免許を持っていて、さらに事故を起こしてしまう可能性が低いから、最大で10%から15%の保険料の割引を受けることができると思います。

この次に割引率の高い年齢というのが40代から50代になります。


安定した運転を心がけることができるような年代です。
最大で10%程度の割引率を受けることができます。



また反対に50歳や60歳以上のドライバーや、免許を取ったばかりの10代20代のドライバーの場合には事故を起こしてしまう可能性が高いとみなされるので割り引がなく、保険料が高くなってしまうということがあります



ですから若いうちに自動車保険に加入すると保険料が高いのでとても困るという人がいると思いますが、若いうちにしっかりと自動車保険に加入して事故を起こさないでいれば、どんどん等級が上がっていきますので30代40代になる頃には保険料そのものが安くなっています


更に割引率が適用されますから、本当にリーズナブルな金額で自動車保険を契約しておくことができるようになります。

年齢による割り引きというのは会社によって違っていますから、できるだけたくさんの割り引かなが適応されているような保険会社を選ぶと良いと思います。

家族で保険を契約する時などにも年齢による割引を受けることができれば保険料を安く抑えることができます。

タグ

自動車保険の料率とは?

自動車保険における料率というのは車種などによってそれぞれで違っています


どのように料率が決まっているのかについてですが、一般的には車に乗っているドライバーの年齢や普段どのくらい車を使うのかということ、また車の年式や型式等によっても違ってきます


人気のある車や高級車の場合にはどうしても保険の料率が高くなってしまいますし、高齢者や免許取立ての若い人の場合にも保険料が高くなってしまうことがあります。


どうしても高齢者や免許取りたての人というのは、事故を起こしてしまう可能性が高いという結果になっているので、その分保険料が高いということになります。


また車の人気度などに関してもやはり事故が起きてしまった場合には、人気のある車の場合、修理するためにもたくさんお金がかかってきてしまいますので、そういった部分からも保険料の料率が高くなっているようです。


しかし最近になってようやくですが、ドライバーの年齢や走行距離にかかわらず保険料の料率を決めてくれているような保険会社が出てきています

ですからそういった保険会社を選ぶことで普段はあまり車を使わないという人であればリーズナブルな保険を選ぶことができると思いますし、ムダに保険料を支払うということがなくなると思います。



近年では家族で1台の車を乗るというようなこともありますので、このような保険があるととても便利ですよね。


ひとつひとつの会社で保険料の料率が違っているので、詳しく調べてから契約をするようにしましょう。

タグ

自動車保険の等級の仕組み

自動車保険には必ず等級というものがあります。 この等級というのは、どの自動車保険でも基本的に一律となっています。


自動車保険に加入した時には6等級から始まることがほとんどになっていて、その後保険を使わずにいることによって1年に一度等級が上がります。


等級は最高で20等級まであるので、保険を使わずに安全な運転を心がけていれば20等級になることができます。


そして、等級によって保険料の割引率なども違ってくるので、できるだけ高い等級で維持したいと思いますよね。 また最近ではこの等級について、万が一保険を使ったときでも等級が一つしか下がらないというようなものがあります。

 


  こういった保障内容というのは保険会社によって変わっているのですが、保険会社によってそれぞれで設定することができます。 万が一事故を起こしてしまったりして保険を一度使ってしまうと3等級下がってしまうことになりますが、こうしたサービスを利用しておくことによって、等級を一つしか下がらないように守ることができます。


  また保険というのは最近、等級プロテクト特約というものが出てきていて、1年間のうちの一度の事故に対しては等級が下がらないというようなものがあります。


プロテクト等級に関しては保険会社によって内容が違っていますから、かならず確認するようにしましょう。


自動車保険に加入する際にしっかりと等級に関して詳しい知識を持っていないと、実際に事故が起きてしまった場合などに困ることになってしまいます。 自分の等級がどこにあるのかということなども常に把握しておくと良いです。

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ