台風や大雨の水没や地震などの天災の被害は車両保険は下りるのか?

未曾有の震災に襲われてしまった現在の日本では、自動車保険に関しても見直しが行われています。

台風や大雨による水没等で車に乗ることができなくなってしまった場合や、地震などによる天災で車が故障してしまった場合に車両保険を受けることが出来るのかどうかについて気になっている人もいると思います

このような天災や自然災害などによる車の損傷などに関しては、車両保険の内容で補償してもらえるかどうかというのは会社によって違ってきます


車両保険の内容によっては、しっかりと保障してもらえるようなところもありますし、反対に自然災害に関しては全く保証してくれないという会社もあります。


ですから特に雨による被害が多いというより地域であれば、きちんと補償してくれる車両保険を契約しておいた方が良いと思います。

またあまり自然災害による被害を受けないという地域であれば、高い金額を支払ってまで充実した車両保険を契約する必要はありません。

自分が住んでいる地域や自分の車に対しての思いによってどのような車両保険を選ぶのかというのが違ってくると思います。


会社によってそれぞれで保障内容っていうは違っていますから、そういった会社のひとつひとつの特徴を把握するために一括でまずは見積もりを行ってみると良いと思います。


見積もりを行った後にはそれぞれの保険会社から連絡が来ると思いますので、そういった時に気になることを質問しましょう。

自分でわざわざ保険会社に電話する必要がないので一括見積もりサイトというのは本当に重宝してくれると思います。

 

 

タグ

車両保険を使っても等級が下がります。いくらの修理なら保険を使うべきか!?

自動車保険を契約する際に車両保険も一緒に組んでいるという人がいると思います。
万が一事故が起きてしまったという場合でなくても車が故障してしまい車両保険を利用した場合、保険の等級というのは落ちてしまいます。

もちろんプロテクトをつけていれば等級を守ることができますが、そうなってしまうと本当に事故が起きてしまった際には等級を守ることが出来なくなってしまいます。

ですから車両保険というのはやみくもに使えば良いというわけではなく、どれだけの金額であれば車両保険を使った方が良いのかということをしっかりと考えなければなりません

例えば少しの傷を車両保険で直してしまうと、それだけで等級が下がってしまうことになりますし、プロテクトが外れてしまうことになります。


そういったことを考えると、次回の更新の際に保険料が高くなってしまいますから、小さな傷は自分で直して、等級をそのままにしておいた方が良いですよね。

また反対に損傷がどうしても大きくて、自分では費用を捻出することができないというような場合であれば、車両保険を使いしっかりと車を直してしまった方が良いと思います。

私の場合は、セレナを新車で購入して1週間後にぶつけてしまいました。

車屋さんに持って行ったら修理費用が15万かかると言われたので保険屋さんに電話して計算してもらったところ10万以上であれば保険使ったほうがいいよ

とのことでした。

 

ただ、私は最上位の等級だったからというのもあるので、等級によって違うことは覚えておいたほうがいいですよ!



車両保険で保障されている内容によって車両保険を使うかどうかを考えていく必要があります。


もちろんそういったことというのは、その場になって考える必要がありますから、普段から考える必要はありませんが、何でもかんでも車両保険を使えば良いというわけではないということを頭に入れておけば、上手に自動車保険のやりくりをしていくことが出来るのではないでしょうか。

タグ

事故を起こして保険を使った次の更新後の等級

自動車保険に加入していて、万が一事故を起こしてしまい保険を使った場合には次の更新で保険の等級がどうなるのか気になるところだと思います。

基本的には一度事故を起こしてしまい保険を使うと保険の等級が三つ下がってしまいますから、保険料が高くなってしまうようなことがあります。

しかし最近では、事故を起こしてしまった際に一つだけしか等級が下がらないというようなサービスや、一度の事故であれば次の更新までには等級が下がらないというようなサービスが出てきています。
等級プロテクト特約というのですが、その話はまたいつか・・・。

ですからこういったサービスを付帯させておくことによって、万が一事故が起きてしまった時でも安心していることができると思います。

保険の等級が三つも下がってしまうと保険料がとても高くなってしまいますから、大きな負担になってしまいます。


だからといって自動車保険を解約して、自動車保険に加入しないままというのはとても危険な事ですよね。

現在では様々な方法で保険の等級を守ることができるようになっていますので、そういった内容をしっかりと付帯させておけば次の更新の際にも保険料の大きな変動というものがなく、加入していけると思います。


保険の等級を守る内容に関しては、会社によって違っていると思いますので一度確認をする必要があると思いますが、自動車保険の一括見積もりサイトを使うことで簡単にこうた特徴を知ることができると思います。

できるだけ保険料を安く済ませたいと思っているのであれば、やはり等級をしっかりと守ってくれる内容は必要だと思いますから付帯させておいた方が良いと思います。

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ