自動車保険は高いのか

毎年、自動車保険の更新の時期に来ると自動車保険の価格について考えてしまいます。 個人的には自家用車と仕事に使う軽トラックの2台分の自動車保険が必要なっています。 一台の軽のトラックについては平日のほぼ毎日のようにそこそこの時間使用し、仕事用の車ですから、狭い道や道路の状況のあまり良くない道なども通らなければなりませんので、自動車保険が自動車保険が高いとはあまり感じたことはありません。 それに軽のトラックは収入を稼ぐためにあるもので、その上、税金やガソリン代のランニングコストがかなり安いということもあります。 問題は、自家用車の方であります。 近頃は運転すること自体が少し面倒になってきたこともありますが、ひと月にすると3回から4回くらいか乗らなくなっています。 それも以前のように長距離の旅行やドライブに行くこともすくなくなってきて年間の走行距離も年々減っていく状況です。 ガソリン代や税金や注射代などのランニングコストも軽のトラックよりもかなり高額になります。 月に3回から4回ということは年間50回くらいしか乗らないので自動車保険をその回数で割ると一回当たりの自動車保険を考えるとびっくりするくらいになってしまいます。 そろそろ自家用車自体の保有の意味を考えるときが来たのかもしれません。

日記カテゴリの最新記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ