初めて自動車保険に加入した時のこと

学生時代、バイクを乗っていた為、自動車を手に入れたのは、社会人になってからでした。もちろん、免許は、学生時代に取っていたのですが、その頃は、あまり自動車が欲しいとは思っていなかったのです。 しかし、就職し、仕事で車を使うようになると、そうも言っていられなくなり、自家用車を手に入れました。 バイクに乗っていた時も、保険には入っていました。自家用車を買う時にも、入るつもりでした。 どこで保険に入るか、困りました。というのも、車を購入した販売店の担当者が、約束を守らないルーズな人だったので、保険を頼みたくなかったのです。 そこで、両親に相談したところ、父の元部下が、保険の代理店に勤めていることがわかり、お願いすることになりました。 自分の住む場所から、遠方であるにも関わらず、手続きにきてくれました。 それから、毎年毎年、更新の度に、手続きにきてもらっています。 自動車保険に加入する時には、保障内容に悩みました。バイクに乗っていた時は、事故こそ、起こさなかったものの、怖い目にもあっていました。 結局、代理店の方と相談し、対人無制限で対物も余裕を持った金額で掛けました。しかし、掛けた当初は、年齢が若かったこともあり、保険料が高く、車両保険は掛けられませんでした。

日記カテゴリの最新記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

̗wȗ